犬の年齢

一般的に犬は人の4〜7倍の早さで歳をとると言われています。

小型犬の種類は、生後1年で人間の15歳ぐらい、2年で25歳ぐらい、
5年で35歳ぐらいだと思います。

基本的に大型犬の種類より小型犬の種類が長生きできるようです。
中型犬の種類の場合は20歳を超える長寿犬もいるようです。

今は人間の医療同様に医療の発達、環境や食生活の向上で犬も
長寿になったようですが、逆に犬も人間同様に高齢化が進んでいます。

また、雑種犬は長生きすると言われていますが、実際に私が飼っていた
中型犬の種類でしたが、19年ぐらい生きました。

18歳ぐらいまで、あまり衰えを感じませんでしたので、
本当に元気な犬でした。

基本的に食事は殆どドッグフードのみでしたので適切な栄養が
摂れていたのだと思います。

獣医さんにも、中型犬の種類は見た目に少し痩せて見えるぐらいで
大丈夫とも言われました。

栄養の与えすぎで肥満になり長生きできない犬もいますから
その辺も十分に注意しましょう。

また、病気に関してはフィラリアに気をつけましょう。
蚊の媒介により寄生虫が、たくさん心臓に詰まってしまうのですが
定期的に検診して早めに薬を与えれば大丈夫です。

犬の種類に関係なく犬を飼うということは、頭で考えるより難しく
大変なことだと思います。

実際に予想以上に手がかかったり、お金もかかり、時間もかかりますが
大切に飼ってあげましょう。