日本犬について

現代は海外の犬の種類を飼っている人も多いですが、
やはり日本犬の種類は日本人の雰囲気に合っているように思います。

なんとなく日本犬の種類は身体が丈夫そうに見えます。
犬の種類の中でも雑種犬が身体が丈夫ということが言われていますが
特に日本犬が混じっていると丈夫だという話を聞いたことがあります。

一般的に日本犬という言葉が使われる時は、1934年(昭和9年)に
日本犬保存会によって定められた「日本犬標準」に名前の挙げられている
6種の犬の犬種を指すことが多いようです。

秋田犬、甲斐犬、紀州犬、柴犬、四国犬、北海道犬の犬の種類が
1931年から37年にかけて文部省によって天然記念物に指定されていて
これらの日本犬の種類は大型・中型・小型の3種類に分類されています。

6種類の日本犬の型と天然記念物へ指定された年月日
●秋田犬  大型 1931年(昭和6年)
●甲斐犬  中型 1934年(昭和9年)
●紀州犬  中型 1934年(昭和9年)
●柴犬   小型 1936年(昭和11年)
●四国犬  中型 1937年(昭和12年)
●北海道犬 中型 1937年(昭和12年)