犬の種類いろいろカテゴリの記事一覧

犬の年齢

一般的に犬は人の4〜7倍の早さで歳をとると言われています。

小型犬の種類は、生後1年で人間の15歳ぐらい、2年で25歳ぐらい、
5年で35歳ぐらいだと思います。

基本的に大型犬の種類より小型犬の種類が長生きできるようです。
中型犬の種類の場合は20歳を超える長寿犬もいるようです。

今は人間の医療同様に医療の発達、環境や食生活の向上で犬も
長寿になったようですが、逆に犬も人間同様に高齢化が進んでいます。

また、雑種犬は長生きすると言われていますが、実際に私が飼っていた
中型犬の種類でしたが、19年ぐらい生きました。

18歳ぐらいまで、あまり衰えを感じませんでしたので、
本当に元気な犬でした。

基本的に食事は殆どドッグフードのみでしたので適切な栄養が
摂れていたのだと思います。

獣医さんにも、中型犬の種類は見た目に少し痩せて見えるぐらいで
大丈夫とも言われました。

栄養の与えすぎで肥満になり長生きできない犬もいますから
その辺も十分に注意しましょう。

また、病気に関してはフィラリアに気をつけましょう。
蚊の媒介により寄生虫が、たくさん心臓に詰まってしまうのですが
定期的に検診して早めに薬を与えれば大丈夫です。

犬の種類に関係なく犬を飼うということは、頭で考えるより難しく
大変なことだと思います。

実際に予想以上に手がかかったり、お金もかかり、時間もかかりますが
大切に飼ってあげましょう。

室内犬のこと

犬の種類の中でも最近は小型犬の種類を飼っている人が多いように
思えます。確かにテレビを見ていても小型犬で室内犬の種類が多いです。

例えば少し前チワワがコマーシャルの影響や日本の住宅事情にも
合っていることなどの理由で、爆発的な人気を誇りました。

チワワは小さくて飼いやすい室内犬の種類なのですが、超小型犬の
種類だけに寒さに弱いため、冬は部屋を暖かくしておくなど寒さ対策が
必要ですし、

一般的に犬は寒さに強いというイメージがありますが、チワワなど
犬の種類によってはこのような注意も必要です。

室内で飼う小型犬の種類と言っても室内の運動だけでは不十分ですから
外での運動が必要になります。

また、室内犬の種類を飼う場合に犬の毛がアレルギーの原因に
なる人もいるため、少し気をつけた方がいかもしれません。

犬などペットの毛が人の体内に入っても、そのことが直接的に
病気を引き起こす事は通常はないのですが

犬の毛が皮膚に付いたり、吸い込んだりすると、くしゃみ、かゆみ、
鼻水、などの症状が出てしまう事もあるようです。

そのように犬の毛がアレルギーの原因になってしまうケースでも
抜け毛が少ない室内犬の種類を選んだり、しっかりと掃除をして
あげることで症状を軽減することが出来ます。

犬に種種にもよりますが、犬は通常、春と秋が換毛期になります。
特に念入りにブラッシングをして犬の抜け毛を防ぎましょう。

犬の写真

犬の種類がたくさんあるので写真も多くみかけます。

本屋に行っても、いろいろな犬の種類の写真集や、犬のことを書いた小説、
犬のイラストが書かれた雑誌も出版されています。

いろいろな犬の種類の写真は
「最新犬種スタンダード図鑑」発行:学習研究社

いろいろな犬の種類のイラストは
「JKC全犬種標準書 第10版」
発行:社団法人ジャパンケネルクラブ    

などがあります。


この頃テレビのコマーシャルでも、犬が少しだけ出演しているシーンを
よく見かけます。

いろいろな犬の種類の写真や、映像は気持ちが癒されますね。

私もフジテレビの「目覚ましテレビ」という番組の「今日のワンコ」
という企画が好きです。

7時55分頃から見れます。いろいろな犬の種類が登場して犬好きには
うれしい時間です。

犬好きの友人も、朝は「今日のワンコ」を見てから出勤するそうです。

また、犬の写真のカレンダーもたくさんあります。
特に、いろいろな犬の種類が毎日見れる「犬めくり」という日めくり
カレンダーもあります。

いろいろな犬の種類の写真が自然な姿を上手く撮らていて、
いいカレンダーだと思います。

ちなみに、こちらは猫好きな人にいい「猫めくり」もあります。

犬や種類ついて

犬の種類は様々です。

例えば犬の種類を大きさだけで分けても小型犬、中型犬、大型犬などの
種類がありますし、

さらに超小型犬、超大型犬と言われる犬もあるように、いろいろな
犬の種類があります。

また犬の種類の基準というのは、各国の各団体が犬の種類として
認めているもので決められています。

例えば、日本犬の種類の一つの柴犬でも山陰柴、川上犬などが
あるそうでが「柴犬」という犬の一種類とされています。

犬の種類によって性格も違いますし、飼いやすい犬の種類なども
飼う人によっても違ってきます。

よく吠えて番犬として飼いたい人もいるでしょうし、おとなしくて
可愛いペットととして飼える犬の種類を考える人もいます。
そのため室内犬の種類の犬も人気があります。

犬の種類による元々の性格もあると思いますが、犬はどんな犬の種類でも
飼い主によるところが大きいです。よく飼い主に犬は似ると言われます。

犬に関する本の中には、どの犬が無駄吠えの多い犬の種類とか、
しつけやすい犬の種類とか犬について書かれているようですが、

基本的にはどんな犬の種類でも、飼い主のしつけ方次第で変わります。

人間の子供でも遺伝的なものもありますが、育った環境と親の接し方で
相当変わってきます。

愛情を持って犬に接しましょう。