日本犬カテゴリの記事一覧

日本犬について

現代は海外の犬の種類を飼っている人も多いですが、
やはり日本犬の種類は日本人の雰囲気に合っているように思います。

なんとなく日本犬の種類は身体が丈夫そうに見えます。
犬の種類の中でも雑種犬が身体が丈夫ということが言われていますが
特に日本犬が混じっていると丈夫だという話を聞いたことがあります。

一般的に日本犬という言葉が使われる時は、1934年(昭和9年)に
日本犬保存会によって定められた「日本犬標準」に名前の挙げられている
6種の犬の犬種を指すことが多いようです。

秋田犬、甲斐犬、紀州犬、柴犬、四国犬、北海道犬の犬の種類が
1931年から37年にかけて文部省によって天然記念物に指定されていて
これらの日本犬の種類は大型・中型・小型の3種類に分類されています。

6種類の日本犬の型と天然記念物へ指定された年月日
●秋田犬  大型 1931年(昭和6年)
●甲斐犬  中型 1934年(昭和9年)
●紀州犬  中型 1934年(昭和9年)
●柴犬   小型 1936年(昭和11年)
●四国犬  中型 1937年(昭和12年)
●北海道犬 中型 1937年(昭和12年)

日本の大型犬 秋田犬

日本犬で唯一大型犬の種類と言われている犬が秋田犬です。
体重も35〜50kgになるそうです。

秋田犬に限らず基本的に大型犬という犬の種類は、その堂々とした
体格に圧倒されてしまうこともありますが、見た目の威圧感と違い
とても優しくて温厚な犬の種類です。

秋田犬は大型犬の種類のため散歩をしなかったり運動不足などから
ストレスを受けやすいです。

そうすると突然、人を襲ってしまったりすことが起きる
可能性があります。

そのため秋田犬の人気が落ちたとか言われたようですが
これは、飼い主に責任があるのではないでしょうか。
秋田犬が可哀そうな気がします。

遺伝的に攻撃的な血筋のある犬でなければ、飼い主が愛情を持って接し
信頼関係を築きストレスを溜めないようにしてあげれば秋田県は
情が深い犬になります。

大型犬の種類であるため理想の運動量の目安としては
自転車で軽く走るぐらいのスピードで散歩を1時間ぐらいで
これを1日2回ぐらいがいいと思います。

そんなに出来なくても、運動量が必要な犬の種類ということを
考えて飼ってあげましょう。